top›就職に対して明確な目標を持つ

就職に対して明確な目標を持つ

<広告>

<広告>

働くということに意欲がない場合もニートと呼びますが、働きたいのに働く一歩が踏み出せないこともニートとされています。 いずれにしろ働くための活動をしていないということをニートと総称していることになります。

就職ということに対して目標を明確にするということはよいことでしょう。 ぜひ目的を持ってもらいたいと思います。

目的、それは細かなことではなく漠然としたものでもかまいません。 将来が不安、それだけでもかまわないでしょう。 自分のチャレンジしてみたい仕事に就くことができればそれこそ素晴らしいことです。 しかし実生活で自分が望んでいた職業についている人、それは多くはないでしょう。

それでも第一希望としてではなかったにしろその職種に就くことによってそこでもやりがいや自分の価値を見出すことによって仕事を続けていくことができているものです。

はっきりとした職種が思い浮かんでいたとしてもそこにすぐにたどり着くことは難しいでしょう。 経験は必ず何の職種でも活きてくるはずです。

例えば何の関係もなさそうな職種であっても、人間関係や話し方、書類の書き方など勉強になることは実は多くあります。 最終的な目標までが遠かったとしても、何らかのアクションを起こしてみるということに無駄だったということはないでしょう。

具体的な案がなかったとしたら、そして気力がまだないとしたら、案だけでも書き連ねてみると意外と自分がやりたいことというのは傾向としてあるかもしれません。

<広告>

ニート就職コラム
ニートの定義とは? ニートが社会問題化したきっかけは? ニートは何歳くらいが多いの? ニートになるのに男女差はあるの?
ニートを一方的に責めてはいけない ニートが結婚する方法 ニート脱出のため、会話能力を身につける ニート脱出のために、ネット中毒を治す
ニート脱出するため、一人でいろんなところに行ってみる ニート脱出のために、完璧主義をなくす ニート脱出のため、合宿型若者自立プログラムに参加してみる ニートとひきこもりはどう違う?
就職に対して明確な目標を持つ 失業したら失業保険の申請をしよう ハローワークに行こう ハローワークの相談窓口を利用してみよう
ジョブカフェに行ってみよう 就職支援サイトに登録しよう まずはアルバイトしてみよう 自宅でインターネットビジネスに挑戦してみよう
派遣会社に登録してみよう 新聞に載っている求人広告は倍率が高い まずは志望動機を考えよう 自己PRを考えよう
履歴書を書いてみよう 証明写真は写真屋さんで撮ったほうがいい? 職歴のある人は職務経歴書を書いてみよう 面接を受けよう
面接は午後よりも午前中のほうが合格率が高い 面接の基本マナー 面接質問 空白期間をどう説明したらいいの? 面接で好印象を与える服装
お礼状の出し方 すぐに採用されないのは当たり前!何十社でも応募しよう コネがあれば活用しよう 資格を取ろう
就職仲間を作ろう 就職支援サイトなどで情報収集しよう 就職支援サイトなどの職業適正診断を受けてみよう どんな就職があるかを知る
既卒者とは? 第二新卒とは? ニートに合う仕事 WEBデザイナー ニートに合う仕事 プログラマー
ニートに合う仕事 ブロガー ニートに合う仕事 工場のライン作業 ニートに合う仕事 新聞配達 ニートに合う仕事 翻訳
ニートに合う仕事 アフィリエイター ニートに合う仕事 長距離トラックの運転手 ニートに合う仕事 小説家、漫画家 ニートに合う仕事 デイトレーダー
ニートに合う仕事 在宅ワーク、内職      

<広告>

<広告>